ゴミ部屋

大阪でお隣の一人暮らしの男性宅がゴミ部屋

ごみ収集の人

お隣に一人暮らしの初老男性(60代くらい)が持ち家で一人暮らししています。
うちが引っ越してきたときには最初にご挨拶に伺い、ときどき顔を合わせるときもお互いにこやかに挨拶を交わして雑談したりと、人柄は良く真当な人だと思います。ご家族はいないようで、ご親族が訪ねてくるようなことはありません。彼は夜間のお仕事をされていて、夕刻に出勤して明け方に帰ってくる昼夜逆転の生活をされています。
当然、お家の中を見たことはないのですが、引っ越してきた当初より玄関先には弁当やカップラーメン、お菓子の袋などが散乱していて、「ああ、これがテレビなんかで見るゴミ屋敷か・・」と内心思っておりました。たしかに一戸建ての家屋はおそらく長い間手入れがされていないであろうボロボロさが見てとれて、庭先などの敷地内にもゴミとしか思えない生活品やら家具やらが無作為に置かれています。
特に悪臭がしてくるほどではない(生物くらいはちゃんと捨てているのでしょうか?)ですし、敷地をはみ出してくるわけではないので放っておいています。想像ですが、お隣さんの場合、奇人変人というよりは、お歳を召されて一人暮らしということもあり、面倒だったり目的意識がなかったりで生活が乱れているように見受けられます。

最新情報

ごみ収集の人

大阪でお隣の一人暮らしの男性宅がゴミ部屋

お隣に一人暮らしの初老男性(60代くらい)が持ち家で一人暮らししています。うちが引っ越してきたときには最初にご挨拶に伺い、ときどき顔を合わせるときもお互いにこやかに挨拶を交わして雑談した…

もっと詳しく

子供二人

大阪でもゴミ部屋はもったいない精神の成れの果て

裕福な家ではない家で育った私は、なんでもお下がりを貰ったり、自分で作ったり修理したりして調達していました。服も、破れているからと捨てていると、着るものがなくなってしまいますが、どうしても使えなく…

もっと詳しく

掃除道具

大阪のゴミ部屋と潜在意識

ゴミ屋敷は人の潜在意識の崩壊によるものから始まる。だれにだって努力するのはつらい。頑張り続けていたことは誰にだって少しはある。人生で一瞬も本気をだしたことのない人はいないだろう。しかし人はちょっ…

もっと詳しく

コンテンツ

記事一覧